義意識に生きる

引用聖句(一部)

このようなわけで、一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです。律法が与えられる前にも罪は世にあったが、律法がなければ、罪は罪と認められないわけです。しかし、アダムからモーセまでの間にも、アダムの違犯と同じような罪を犯さなかった人の上にさえ、死は支配しました。実にアダムは、来るべき方を前もって表す者だったのです。-ローマ5:12-14

わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです。もし、望まないことを行っているとすれば、律法を善いものとして認めているわけになります。そして、そういうことを行っているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。-同7:15-17

では、律法とはいったい何か。律法は、約束を与えられたあの子孫が来られるときまで、違犯を明らかにするために付け加えられたもので、天使たちを通し、仲介者の手を経て制定されたものです。-ガラテヤ3:19

「内なる人」としては神の律法を喜んでいますが、わたしの五体にはもう一つの法則があって思い(Gk)の法則と戦い、わたしを、五体の内にある罪の法則のとりこにしているのが分かります。-ローマ7:22-23(三種類の法則)

従って、今や、キリスト・イエスに結ばれている者は、罪に定められることはありません。キリスト・イエスによって命をもたらす霊の法則が、罪と死との法則からあなたを解放したからです。肉の弱さのために律法がなしえなかったことを、神はしてくださったのです。つまり、罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです。-ローマ8:1-3(第四の法則の介入)

わたしたちの古い自分がキリストと共に十字架につけられたのは、罪に支配された体が無力となり、もはや罪の奴隷にならないためであると知っています。死んだ者は、罪から解放されています。-ローマ6:6-7

キリスト・イエスのものとなった人たちは、肉を欲情や欲望もろとも十字架につけてしまったのです。-ガラテヤ5:24

肉の望むところは、霊に反し、霊の望むところは、肉に反するからです。肉と霊とが対立し合っているので、あなたがたは、自分のしたいと思うことをできなくしてくれるのです。-ガラテヤ5:17(ロマ書の葛藤とは異なる)

しかし、あなたがたが近づいたのは(完了形)、シオンの山、生ける神の都、天のエルサレム、無数の天使たちの祝いの集まり、天に登録されている長子たちの集会、すべての人の審判者である神、完全なものとされた正しい人たちの霊、新しい契約の仲介者イエス、そして、アベルの血よりも立派に語る注がれた血です。-ヘブル12:22-24

なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませるからです。「義人は信仰によって生きる。」と書いてあるとおりです。-ローマ1:17

Please follow and like us:

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of