トップページ > 記事閲覧
異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/09 21:00
投稿者 ブヒちゃん
参照先
(;_;)明らかに異端と言われてる所は当然ですが、一見普通に見える教会・・・?教界・・?で傷つく人が余りにも多いように思います。単なる甘えなのでしょうか・・・?
いろんなケースが考えられると思いますが、何故、そう云う事が起こるのか、何が問題なのか、私たちが出来る事は何なのか、皆さまのご意見をお聞かせください。
よろしく、お願いします。

あ、一般的な異端、カルトの定義もお願いします。
記事編集 編集
< 1234567>
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/13 19:59
投稿者 ICHIRO
参照先
はい、そうです。
富井先生の言っていることはとても大切と思います。
ですが、それに対する対策としてモーセ律法に戻るとは、、、?
これがよく分かりません、ということを言いたかったのです。
ルークさんが喩えで言われるWindows(いのち)があるのですから、
MS-DOS(モーセ律法)をわざわざ使うまでもないでしょう、と。
とても単純なことだと思うのですけどね、、、
真理は単純です。富井先生は「神学」の先入観を持っている感じです。
聖書のみ言葉をそのとおりに聞いて、信じて、従う。
これをさせてくれるのが、内に生きるキリストのいのちでしょう。
単純ですよね^^V
今の教界ではその単純な真理が見失われているのです。
私もこのサイトに来た時は、何言っているのか分かりませんでした。
Dr.ルークは人の批判ばかりしていると憤慨したものです。
でもね、感謝です。真理の御霊は私をあらゆる真理に導いて下さった。
そして真理は私たちを自由にします!

記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/13 12:33
投稿者 ブヒちゃん
参照先
(^_^)てんてこまいさん、レスをありがとうございました!!
IACHIAROさんのコメントの件、とてもよくわかりました!
私は富井さんのコメントを殆ど読んでなかったので、意味が分からなかったんですが、これでよくよく分かりました。ありがとうございました〜!!

富井さん、是非その辺を教えて下さいませ!!
よろしくお願いします。

さてさて・・・カルト化する教界の事を日々思うわけですが、私自身カルト化した所へ全てを捨てて献身し、未だにその陰を引きずってる事を認めざるを得ない訳ですが、、この国でイエス様との本当のつながりがなく、「キリスト教」と云う宗教をどれだけの人々がやってるのかと思うと、ため息しか出ません。

「群集が飼う者のない羊のように弱り果てて、倒れているのをごらんになって、彼らを深くあわれまれた。」マタイ9:36

何も考えずに、み言葉の吟味もせずに組織やリーダーを知らず知らずのうちに神格化してしまう羊にも当然責任はあるとは思いますが、福音を伝えてるようで、実はそうではない、福音から離れてる教界が多い事に怖さを覚えます!!

問題点山積みの教界は果たしてどこに行こうとしてるのでしょうか???(;_;)





記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/13 08:18
投稿者 てんてこまい
参照先
ルークさんへ
NO24 を削除して頂けますか・・・
またやっちまいました(;_;)

ハンドルネームを「磯野 サザエ」に変更すべきでしょうか・・・
記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/13 08:12
投稿者 てんてこまい
参照先
こんにちは
ブヒちゃんさんへ
No17のICHIROさんの

>ここが再建主義の富井氏も批判される所以では?
そのキモチは私も分かりますが、
旧約律法に戻るのはどうかなとも、、、

の仰る意味が最初は私、「てんてこまい」が律法必要だと言ってる?ウン?(◎o◎)?
と思いましたが・・・解りました!
それは、
富井さんがルークさんとの一連のやりとりの中で
「律法守らないから、今の教会はこういうヒューマニズムに陥っている」という意味を仰っていましたからでしょう。
IACHIAROさんの意味は
「富井さんはなぜ、ここから律法が必要だと言うのかナア?」
だと思います。
そうですよね、ICHIROさん?
記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/13 06:55
投稿者 てんてこまい
参照先
またまたつけ出しで・・(^^;)
タイトルっぽい
「みことばをもって脅す」というのと、「内容」が
直接、一致していないこと。。申しわけありません。
私の友人が「体験」したことなのですが、近いうちに必ずカキコしたいと思っております!ヨロシクです。
記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/12 23:58
投稿者 てんてこまい
参照先
上の(No21)の書き方が誤解を招きそうなので、少し付け足ししたいと思います。

信徒の「姦淫」等と「教会のカルト化」に関しては今回は別のものとしてカキコしたつもりですので。。。
そこのところ、よろしくお願いいたします。
記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/12 21:31
投稿者 てんてこまい
参照先

こんばんは!
ブヒちゃんさんへ

異端の定義ですが大切なことを忘れてました。
「みことばをもって脅す」というのが!ありました。

ついこの前、大騒ぎとなった京都の『聖山キリスト教会』の金牧師(?)もそんな事のようでしたね。
その「言動」、が実に聖書的なメッセージに聞こえますが「キリストに従う」ことを牧師の自分に従うこととして、お金も権力も自分に流れるようにもくろんでいたということでしょう。
この教会では海外旅行も公務ということで、すべて費用は教会から出され、世間の人は驚いていたようですが、そんなこと、日本の教会ではちっとも珍しくないと、私は感じるのです。。。(クリスチャンの方が感覚が麻痺しているのかも・・・私サイドですが)
キリスト教の基本教理を挙げながらも「カルト化」して行くという
その多くの原因は、指導者の教会の金品を「公私混同」することから始まっていくように思います。
そして牧師への権力の集中・・そして姦淫の罪。。と、なんだかキムジョンイルの事を話しているような錯覚さえ覚えます(;O;)
立派な教理を掲げていても、「会計報告」がいい加減な教会は特に気をつけるベシ!ではないでしょうか。
教理は「異端」とは言えなくても、やっていることが聖書から外れていれば立派な「異端」でしょう。

あるいやしのセミナーでのことですが、
そこの牧師が
「私は神様から夢で教えてもらった!人間の血液の中には小さな虫が住んでいる。その虫がすべての病の原因となる!
神様がそれを見せて下さったんだから、間違いない!」と叫んでいたのを思い出します。(それは東京の新高円寺駅近くの韓国系教会の牧師です。)
また、「日本で一番大きい」という教会の牧師は、「人は死んでからも救われるチャンスがある!」と堂々と叫んでおられます・・「日本の一番大きな教会」がこの状況ですから、このままでは日本の教会は異端が当たり前になって行きそうな雰囲気ですね・(-_-;)

プロテスタントの牧師が「カトリックと一緒になって何が悪い!」と言っている以上、(Re: 異端:カルトの定義 ( No.16 )を参照)当然と言えば当然の成り行きかもしれませんね。
これからは見極めが大変、困難な時代だとは思いますが、聖霊の照らし出す真理の御ことばだけに頼って、騙されないで行きましょうね。(私も沢山、騙されて来た者です///(-_-;)

有名牧師の姦淫、飲酒、喫煙、等々・・
飲酒、に関しては、ルークさんのように、公表している方はおそらく日本では皆無でしょう。(そんな量でもないとお察し致しますが失礼・・)
また、最近は信徒の不倫、姦淫、同棲等も、よく聞かれる話しとなってしまいました。

ちなみに私の教会では同棲している人は珍しくありません。(日本にある大きな韓国教会です)
お隣り韓国では牧師が姦淫の罪を犯したなら、二度と講壇には立てないのが普通!だと聞きました。日本は本当に責任において「甘い国」なんですね。教会を通してかなり教えられました。
「和」の国ならではのキリスト教なのでしょうか・・・(「和」は今回の憲法改正案にも詠われているそうですが)
韓国の兄弟姉妹がこれを見ていたら、
どうかお気を悪くなさらないで下さいね。私の周囲で起こった本当のことなので・・_(._.)_

記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/12 10:29
投稿者 ICHIRO
参照先
だから私も、旧約律法に戻るのはどうかな、と。
富井先生にお聞き下さいませ、ませ。


記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/11 22:46
投稿者 ブヒちゃん
参照先
ICHIROさま
こんばんは〜!!

>教会の中が(教界)がヒューマニズム色に染まり、教界
>から十字架が見えなくなりなり。。。大切なことはカド
>が立つからといってうやむやにして、みんな仲良く、ヒ
>ューマニズムでキリスト教を広めよう!


この事が、どうして旧約律法に戻る事になるのでしょうか・・・???
教えて下さると嬉しいです!!


記事編集 編集
Re: 異端:カルトの定義
投稿日 : 2005/10/11 22:30
投稿者 通りがかり
参照先
てんてこまい様、わざわざ議論の本筋とは関係ないカキコなのに、レスいただいてありがとうございました。
カトリックについてですが、私の理解している限り
だと、
1)ここ40年位で、ルターの再評価等結構プロテスタントの福音派の主張も認めるようになった
2)カトリック内部で、カリスマ運動が起こったり
カルト運動が問題になったりして、必ずしも
「一枚岩」ではなくなってきている。

けれども、個人的には1)にも関わらず、
カトリックが公式には、マリヤや聖人礼拝の他に、法王は信仰的に絶対に誤りを犯さないことや、
救いは信仰+行いという見解を改めていないことには引っかかっておりました。

私はあんまり良く考えたことがないのですが、他の大切な点についても残念ながらカトリックは聖書信仰から逸れている点が少なくないようですね。
自分が何を信じていて、何を信じていないのか
よりハッキリさせるためにも、カトリックの問題点についてこれから考えていきたいと思いました。

あと、ブヒちゃん様のレスで、福音派の教会でも救いの定義をうやむやにして洗礼を施してしまっている場合があると聞き、大変ショックでした。

というのは、私はもともと聖霊派の教会に属して
いたのですが、所属していた教会のメッセージが現象を追いかけるばかりで聖書の御言葉を疎かにしていると思い、祈った末に福音派(今行っている群れ
です)に転会したからです。
#初めてその教会に行った時に、2テモテ3:16
を学んで、「御言葉の上にすべて信仰は成り立っている」との牧師先生の解説をおうかがいして「この教会は御言葉を大切にしている!」と喜んだのでした。

本当に、自分のためにも教会のためにも「この世に調子を合わせず何が神様に喜ばれるのか」心していきたい・・・このスレに関わらせていただき、こう思わされました。






(;_;)(;_;)
記事編集 編集
< 1234567>
件名 スレッドをトップへソート
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント

- WEB PATIO -