エントリー

メルキゼデク系祭司の務め

MELKIZEDEK PRIEST SERVING IN THE SPIRIT

 上のPodcastロゴをiTunesにドラッグするとライブが自動でダウンロードされます。

  • 聖書箇所(一部)

この祭司は、肉の掟の律法によらず、朽ちることのない命の力によって立てられたのです。なぜなら、/「あなたこそ永遠に、/メルキゼデクと同じような祭司である」と証しされているからです。その結果、一方では、以前の掟が、その弱く無益なために廃止されました。――律法が何一つ完全なものにしなかったからです――しかし、他方では、もっと優れた希望がもたらされました。わたしたちは、この希望によって神に近づくのです。・・・この方は、誓いによって祭司となられたのです。神はこの方に対してこう言われました。「主はこう誓われ、/その御心を変えられることはない。『あなたこそ、永遠に祭司である。』-ヘブル7:16-21

しかし今は、わたしたちは、自分を縛っていた律法に対して死んだ者となり、律法から解放されています。その結果、文字に従う古い生き方ではなく、"霊"に従う新しい生き方で仕えるようになっているのです。-ローマ7:6

霊に仕える務めは、なおさら、栄光を帯びているはずではありませんか。人を罪に定める務めが栄光をまとっていたとすれば、人を義とする務めは、なおさら、栄光に満ちあふれています。そして、かつて栄光を与えられたものも、この場合、はるかに優れた栄光のために、栄光が失われています。なぜなら、消え去るべきものが栄光を帯びていたのなら、永続するものは、なおさら、栄光に包まれているはずだからです。-ローマ3:8-11

巻物を受け取ったとき、四つの生き物と二十四人の長老は、おのおの、竪琴と、香のいっぱい入った金の鉢とを手に持って、小羊の前にひれ伏した。この香は聖なる者たちの祈りである。-黙示録5:8

レビ記1-5章

その後、わたしは諸国の民に清い唇(言語)を与える。彼らは皆、主の名を唱え一つとなって主に仕える。-ゼパニヤ3:9

わたしたちが持っているこの希望は、魂にとって頼りになる、安定した錨のようなものであり、また、至聖所の垂れ幕の内側に入って行くものなのです。イエスは、わたしたちのために先駆者としてそこへ入って行き、永遠にメルキゼデクと同じような大祭司となられたのです。-ヘブル6:19-20

ページ移動

ユーティリティ

2018年08月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

KINGDOM FELLOWSHIP

KF_Logo

RANKING

ブログランキング・にほんブログ村へ

QRcode

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

Feed