霊的アイデンティティの確立G

−主権の確立と行使−



傍観者の病理

今般、中国瀋陽の日本総領事館に五名の北朝鮮の亡命希望者が逃げ込もうとした際、中国側警官が治外法権であるべき敷地内に侵入し、五名を捕縛する事件が起きた。日本側職員は呆然とただ見ているだけであった。

北朝鮮のテポドンミサイルが日本の領空を横切った事件や、北朝鮮による拉致問題なども未解決のままである。これらの事件を見るたびに、つくづく日本は主権国家ではないことを認めざるを得ない。自国の主権の及ぶ領域において、相手方のやりたい放題を許している。何という体たらく・・・。

翻って国内でも政治家、企業、学校、病院、そしてキリスト教界においてすら、種々の情けない問題が起きているが、そこには当事者能力を失った、というよりは放棄した形での「傍観者の病理」が蔓延している。その本質はあなた任せの「受動性」である。


サタンの侵略方法

霊的領域では「受動性」は致命傷となる。神のかたちに造られた人間が罪によってその栄光を失って以来、サタンは人間の主権を侵害し続けている。私たちはすでに闇の支配から御子の支配に移された存在であるが(コロサイ一・13)、神の子としてのアイデンティティが脆弱であるために、主権と権威を行使しないでサタンの侵略を許している人々があまりにも多い。そしてサタンの罪定めや中傷に身を任せ、その脅しの「声」に怯えている。これらの人々の特徴はやはり「受動性」である。


カルト化の病理

彼らは自らの意志決定と主権の行使を放棄し、治外法権であるべき霊的領地内に敵の侵入を許し、呆然と立ち尽くしている。時には霊的な「声」ではなく、牧師や"預言者"の言葉を、御言葉や内的証しと照合することなく、無防備に受け入れ偽りに束縛されている。例えば「○○新聞は読まない方がよい」とか「□□師の教えは危険である」といった暗示的示唆を自ら吟味することもなく真に受ける人々は、自らの有する神の子としての主権を自ら放棄していると言える。パウロの言葉すら主体的に聖書と照合したベレヤ人に倣うべきである(使徒十七・11)。

今日看板は"正統"であっても少なからぬ教会がカルト化しているが、その初期の兆候に情報のコントロールがある。「ハリポタ論考」でも触れたが「認知的不協和の理論」を提唱したフェスティンガーは、カルトの方法として、行動の統制、思想の統制、情緒の統制をあげ、さらにハッサンは情報の統制をあげている。マインドコントロールの方法の基礎理論である。この際情報の統制に成功すれば残りの要素を統制することはきわめて容易である。たとえ"正統な教会"であっても何らかの形で情報の統制があれば、遅かれ早かれカルト化するのは明らかである。

こうして「受動性」を作り上げ、行動、思想、情緒を統制し、自ら責任ある自立した信徒としての霊的アイデンティティを脆弱にし、ついには主権を放棄させるに至る。これがカルトの方法である。


初期攻撃警戒網の確立

サタンのイニシャル・アタックは、今回の中国警官のように、不法かつ強引に敷地内に侵入し、私たちの霊的城壁に穴を開けることである。仮にその侵入が軽微なものであっても、それを許した事実は更に敵に付け込ませるスキと立場を与え、穴は徐々に広げられ、気づいたときには修復が困難になる。敵の軽微な違反と攻撃―イニシャル・アタック―を警戒し、主の血によって確実に阻止すること、これが霊的な戦場における要諦である。

加えて現在の日本の教界にあっては、神の御前における単独者としての自立した信仰者のアイデンティティと主権を回復することが急務である。神はつねに「あなたは」とニ人称で問いかける方なのである(ヨハネ二十一・22)。